MASA OKINA

今は昔も、これからも。

記事一覧(45)

【企業さんへ】地域連携したいなら 、もっと『まちびと』を取りこもう

地域企業の地域連携って昨日、とある企業さんに呼んでいただき、訪問させてもらった。内容は、来年度の地域密着型事業計画な、お話。なぜだろうか?ぼくは、ちょうど朝方に、味噌汁すすりながら本棚にあった本を『第四の消費: つながりを生み出す社会へ/三浦展』手に取り、それとなく読み直し「そうだよな。消費っちゅ~価値観は、もぅ次へ次へとステージ変えてきてるのだな~」って、考えていた矢先。こちらの企業での話でも、今後の地域自体の暮らしや、価値観とは?という話となり、大変意気投合し、有意義な時間となった。地域連携しなければいけない理由を明確にさて、どのローカル企業も みんな毎日必死に働いているなかで「どのように地域と連携して結果を出していくのか? 」というと、そこばかりは、現在どこも手探り状態だと感じている。例えば、久留米広域エリアでいえば、会社の地方連携デスクを1つ社外に置いてみるのも良いかもしれません。環境を変えることで、強制的に繋がりを見出すことにります。(2018年1月に、JR久留米駅近くでオープンするシェアオフィスMekurutoなどは一席12,000円~)しかし、その前に、まずは会社の内部で「なぜ?地域連携が必要なのか?」を明確に話し合って頂けると、大変ありがたい。そう。2ヶ月ほど前に、行かせて頂いた会社がホントに大変だった。我々に「話が聞きたい」っと、呼び出しておいて、結局「地域との連携が必要な目的が明確ではない」だけではなく、これまでの高度経済成長期の成功体験を語りだし、物売り視点で「あるべき論&行政へのダメダシ」してきたのだ。僕らは、このような方々をレジェンドと呼び、内心は「でたぁ。あぁ。もぅ帰りたいっす」な気持ちだ。「今どのように地域に関わられてるんですか?」と聞くと「地場のお祭りや、イベントへのサポートや協賛だ」と言われ。その後我々はノックアウト。企業さん側も、我々まちびと側も、これまでやってきた成功体験は、そっと裏ポケットにしまって、お口に半分チャックをしてみよう。地域との関わり合いの目的を事前に明確にしておくことで話はスムーズだし、本当に自社の強みと地域資源を、将来に活かした地域連携とは、住民参加型のプロセスを含んだ取り組みまで至ってこそ、はじめて地域人(まちびと)が主役となり地域と企業の連携関係が進み出す。